福岡市東区の白本歯科・小児歯科の小児歯科診療案内


小児歯科

PEDIATRIC DENTISTRY

乳歯の虫歯も治療が必要

子供用歯ブラシ

私たちの歯は一生の中で一度だけ生え変わりますが、永久歯が生えるからといって、乳歯の虫歯を甘く見てはいけません。乳歯は永久歯が生え変わるためにとても重要な土台となります。永久歯の歯並びや、顎の成長、正常な噛み合わせなど、乳歯はたくさんの場所に影響を及ぼします。

乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすく進行しやすいため、早い段階から適切な治療を受けることが大切です。乳歯の虫歯の治療が遅れてしまうと、永久歯にまで虫歯になるリスクが高まり、様々な場所に悪影響が及ぶ可能性があります。

生えたての歯はとてもデリケート

永久歯は乳歯よりも丈夫ですが、永久歯が生えたてのまもない時期は注意しましょう。まだ歯自体がもろく、抵抗力が弱いため、虫歯になりやすいデリケートな時期です。 また、乳歯が抜けなかったり、永久歯が生えてこなかったり、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこになる傾向も見られます。お子様の歯に不安を感じた場合は、お早目にご相談ください。

虫歯になりにくい口へ

元々お口の中は無菌状態のため、虫歯菌は生息していないと言われていますが、なぜ虫歯は感染症と言われているのでしょうか?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態でも、周りの大人からのお口によるスキンシップを通して、赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が生息するようになります。それが原因となり、虫歯に感染するのです。

虫歯になりにくいお口を目指すには、お子様とお口を通してのスキンシップを控えることも大切です。例えば、生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の時期は、虫歯に感染しやすい時期のため、お子様と同じ箸やスプーンの共有を控えたり、咬み与えを控えたり、お口のスキンシップを意識的に見直すことで、成長時の虫歯の本数を減少させることができます。当院では、お子様の小児科歯科治療だけではなく、ママさんやパパさんのお口の健康を保つことも重要だと考えております。

成人まで虫歯のない健康な歯を維持することができると、一生、健康な歯でいられる可能性が高くなると言われています。また、大人になるにつれて新しい虫歯の数は少なくなるため、お子様への虫歯菌の感染に十分に注意しましょう。

虫歯の予防

歯磨き指導

1.歯磨き指導

正しいブラッシングを身につけることで、虫歯の予防に繋がります。小さい頃は上手くブラッシングができないことも多いため、歯科衛生士が丁寧に楽しいブラッシング指導を行います。

フッ素塗布

2.フッ素塗布

永久歯に比べて乳歯は歯の強さが弱いため、歯を強くするフッ素を塗布することで、再石灰化を促進し、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくします。

シーラント

3.シーラント

奥歯は虫歯になりやすいですが、シーラントはプラスチックを奥歯の溝部分に流し込む虫歯予防の処置となります。歯を削る必要がなく、痛みもなく行えます。

小児歯科と一般歯科の違い

成長過程におけるお子様の歯や顎は毎日変化しているため、適切に治療を行うことが必要です。小児歯科では、お子様の体の変化に合わせてトラブルを未然に防ぎ、将来の健康な歯を保つサポートができます。小児歯科の特徴は、お子様の目線に合わせた治療ができることです。

診療内容

お問い合せ

医療法人 光仁会
白本歯科・小児歯科
092-607-7554 お問い合せはお気軽に

所在地/811-0204 福岡市東区奈多3-3-37
診療内容/一般歯科・口腔外科・審美歯科・矯正歯科・口臭外来

診療日時

診療日時
09:00-13:00
14:30-19:00

日曜日・祝祭日は休診です。
その他、休診となる場合がありますので、お知らせをご覧ください。