福岡市東区の白本歯科・小児歯科の審美歯科案内


審美歯科

AESTHETIC DENTISTRY

審美歯科とは

審美歯科とは歯の機能を回復する為の一般的な治療ではなく、見た目に重点を置き、歯や口元を美しくするための治療のことをいいます。

セラミック治療の例

セラミックインレー

セラミックインレー

少し大きな虫歯は、虫歯の部分を削り、型にとって鋳造した「インレー」をはめ込んで治します。インレーの材料はいろいろありますが、見た目の自然さ、美しさではセラミックス(陶材)が一番です。 セラミックスは、色調や透明感を天然歯そっくりに加工できるので、元の歯と違和感なく作ることができます。まるで治療をしたとわからないほどナチュラルです。 また、セラミックスは金属ではありませんので、金属アレルギーの方でも安心です。

セラミッククラウン

セラミッククラウン

誰でも、目立つ前歯の治療には、できるだけ天然の歯に近いものを望まれると思います。そんな方にお勧めしたいのが「メタルボンド」です。この治療法は天然歯そっくりの色調に作ることができるため、ほとんど自分の歯と区別がつきません。 前歯のちりょうでギラギラの金属の被せ物でイヤだなとお感じの方は、是非一度お考えください。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

歯に被せ物をする場合、歯茎との境目に黒い線が見えるかどうかで審美性に大きな影響を与えます。オールセラミッククラウンの場合、金属をまったく使わないで被せることができる種類もあります。この場合、多少歯茎がやせてきても、黒く見えないので自然さが続きます。また、素材がセラミック(ガラス、瀬戸物に近い陶材)なので、前歯でも奥歯でも白いものが被せられます。また、セラミックスのみで作るため、治療や技工が難しく、メタルボンドクラウンより高価になります。

ポーセレンラミネートベニア

ポーセレンラミネートベニア

「白い歯」は誰もがあこがれるものです。ところが、先天的に、あるいは薬などの影響で後天的に、いくら歯磨きをしても白くならない悩みをもっている方が少なくありません。 そんな方には、歯の表面を薄く削り、ポーセレン(セラミック)製の薄片を張り合わせる『ポーセレンラミネートベニア法』をお勧めします。

診療内容

お問い合せ

医療法人 光仁会
白本歯科・小児歯科
092-607-7554 お問い合せはお気軽に

所在地/811-0204 福岡市東区奈多3-3-37
診療内容/一般歯科・口腔外科・審美歯科・矯正歯科・口臭外来

診療日時

診療日時
09:00-13:00
14:30-19:00

日曜日・祝祭日は休診です。
その他、休診となる場合がありますので、お知らせをご覧ください。