福岡市東区の白本歯科・小児歯科の義歯・入れ歯診療案内


義歯・入れ歯

DENTURE

義歯の必要性

歯を失ったままにしておくと、食べる楽しみが減少し、ほおがやせ、顔の審美性も低下します。 それだけではなく、残っている他の歯への負担が増加して、歯が痛んだり、さらにもっと歯を失うことにもなりかねません。 お口全体の治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

義歯の種類

入れ歯には部分的な入れ歯と総入れ歯とがあります。

部分入れ歯

部分入れ歯

歯が残っている場合に使用する入れ歯を部分入れ歯といいます。一般的には残っている歯に金具を使用し支えます。抜けた歯を補うため、本数により大きさが左右されます。総入れ歯に近い状態から、1本義歯まで大小さまざまな入れ歯があります。

ノンクラスプデンチャー(金属のバネを使わない入れ歯)

ノンクラスプデンチャー(金属のバネを使わない入れ歯)

金具(バネ)を使わない新しい入れ歯です。口元が綺麗で気づかれません。 柔軟性のある入れ歯です。皆さんの知っている入れ歯とは異なります。欧米を中心に実績がある審美性と機能性を兼ね備えた今までにない発想の入れ歯です。従来型では金具(バネ)で支えるものが主流でしたが、入れ歯も進化し次世代型は金具(バネ)を使いません。 普通の入れ歯は弾性のない樹脂でしたが、この入れ歯は弾性に優れ、金具がないため見た目に美しく仕上がります。

金属義歯(うすい金属の入れ歯)

金属義歯(うすい金属の入れ歯)

この入れ歯の特徴としては薄くて丈夫な構造をしていることです。金属は樹脂に比べるととても丈夫で、薄く、0.5ミリ~1ミリ程度の薄さで製作することが可能です。薄い入れ歯は違和感が少なく食事や発音がしやすくなり快適な生活を送ることができます。樹脂のみの入れ歯は熱い飲み物で喉を火傷することがありますが、金属にすることで熱が伝わりやすくなり、誤飲が防げます。また、破折しにくい(割れにくい)ことも特徴のひとつです。

生体シリコーン義歯(入れ歯の内面に引く裏打ち材)

生体シリコーン義歯(入れ歯の内面に引く裏打ち材)

生体シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。 「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

磁性アタッチメント(総義歯)

磁性アタッチメント(総義歯)

磁石の力で入れ歯がピタッとくっつきます。使用中に入れ歯が浮いたり外れたりすることがなく、安心して長い間お使いいただけます。

義歯の治療の流れ

義歯は型を取ってすぐに出来上がるわけではありません。 高さを合わせたり、歯並びを確認したりするため数回来院してもらう必要があります。 治療期間は型取りから約1ヶ月かかります。

診療内容

お問い合せ

医療法人 光仁会
白本歯科・小児歯科
092-607-7554 お問い合せはお気軽に

所在地/811-0204 福岡市東区奈多3-3-37
診療内容/一般歯科・口腔外科・審美歯科・矯正歯科・口臭外来

診療日時

診療日時
09:00-13:00
14:30-19:00

日曜日・祝祭日は休診です。
その他、休診となる場合がありますので、お知らせをご覧ください。