福岡市東区の白本歯科・小児歯科の虫歯診療案内


虫歯

CARIES

虫歯の原因

image

お口の中には様々な種類の細菌が生息しており、その中でも虫歯の主な原因菌と呼ばれているのが「ミュータンス菌」です。 本来、生まれたばかりの赤ちゃんのお口にミュータンス菌は存在しませんが、周りの家族から感染することが分かっています。

ミュータンス菌は食べ物や飲み物に含まれる糖分が大好物で、それをエサに、ネバネバしたグルガンという物質を作り出します。 グルガンが成長することで歯垢(プラーク)となり、そこを棲家にミュータンス菌は増殖していきます。同時に、エサとなる糖分を分解し、酸を産生するため、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分が溶けてしまい虫歯に発展します。

むし歯を作る4つの要因

歯の質

歯が弱くて軟らかいと虫歯になりやすくなります。歯の質を強くて硬くするには、フッ素が有効です。歯科医院でのフッ素塗布やフッ素入り歯みがき粉の使用、フッ素洗口の実施などがこれにあたります。フッ素は歯の成分であるハイドロキシアパタイトを強くて硬いフルオロアパタイトに変えたり、初期の虫歯を治す作用、虫歯菌の活動を抑える作用があります。 

むしば菌

口の中の虫歯菌が多いと虫歯になりやすくなります。虫歯菌の数を減らすには、歯みがきが一番です。毎日、時間をかけてしっかりみがきましょう。ただ、毎日の歯みがきだけでは虫歯菌はなかなか完璧には除去できないので、定期的に歯科医院で汚れを取ったり、歯石を除去していくことが大切です。虫歯菌は母親から子供へと感染することが知られています。

砂糖(糖質)

砂糖は虫歯菌の大好物です。虫歯菌は砂糖を利用して酸をつくります。酸によって歯が溶けて(脱灰)虫歯になるのです。虫歯予防のために、砂糖の消費量を少なくしたり、虫歯になりにくい砂糖を使用するとよいでしょう。

時間

砂糖が口の中に留まる時間が長いほど虫歯になりやすくなります。だらだらと甘い物を食べたり、ジュースやスポーツ飲料を水代わりに飲んでいたりすると、虫歯になりやすくなります。また、飴やガムなど、砂糖が口の中に長時間留まる食べ物も注意が必要です。そして、食べたらすぐに歯をみがくことも大切です。

むし歯の進み方とその治療法

虫歯は一度なってしまうと、ごく初期の虫歯を除いて、治療をしない限り治りません。また、虫歯はかなり大きくならないと、痛みなどの自覚症状はでません。痛みがでて虫歯が大きくなってからでは、通院回数も、費用も、時間もかかってしまいます。
定期的に検診をして、虫歯が大きくなる前に治療を済ましておくことが大切です。

C1(シーワン)

歯の最表面のエナメル質に虫歯ができた状態です。痛みがでることはほとんどないので、自分自身では気付かないことの多い虫歯です。この段階の虫歯は、プラスチック樹脂を詰める等比較的簡単な治療で済みます。また治療をせずに、様子を見ていくこともあります。

C2(シーツー)

虫歯の穴が広がって、歯の内部の象牙質まで進行した状態です。象牙質はエナメル質に比べて軟らかく、虫歯の進行が早いので、注意が必要です。冷たいものなどがしみることがありますが、症状がでないことも多く、自分自身では気付かないまま虫歯が進行してしまうこともあります。治療としてはむし歯の部分を樹脂で詰めたり、型を取って銀の詰め物をつけたりします。

C3(シースリー)

歯の中の神経(歯髄)まで虫歯が進行した状態です。歯の中の神経に炎症がおきると、激しい痛みがでます。さらに炎症が進行すると、歯の中の神経が死んでしまいます。C1やC2の段階では虫歯の治療はそれほど大変ではありませんが、C3まで進行してしまうと、治療期間は長くなり、治療も大変になります。

C4(シーフォー)

歯の上部が虫歯でなくなり、崩壊してしまった状態です。病巣が歯の根の先まで進行し、膿(うみ)がたまって激しい痛みがでたり、悪臭があったりします。また、治療不可能となり、抜歯になってしまうこともあります。

むし歯からくる全身の病気

虫歯が原因で、全身に以下のような様々な病気を引き起こすことがあります。

リウマチ 心臓疾患 腎臓炎 敗血症 偏食 皮膚疾患

虫歯くらい……が手遅れにならないように、早期の治療をオススメします。

診療内容

お問い合せ

医療法人 光仁会
白本歯科・小児歯科
092-607-7554 お問い合せはお気軽に

所在地/811-0204 福岡市東区奈多3-3-37
診療内容/一般歯科・口腔外科・審美歯科・矯正歯科・口臭外来

診療日時

診療日時
09:00-13:00
14:30-19:00

日曜日・祝祭日は休診です。
その他、休診となる場合がありますので、お知らせをご覧ください。