本文へスキップ

福岡市東区の白本歯科医院/ホワイトニング、顎関節症、矯正、口臭、インプラントなどお口の事は福岡市東区の白本歯科医院へ

電話でのお問い合わせはTEL.092-607-7554

〒811-0204 福岡市東区奈多3-3-37

セラミック治療Ceramic treatment

セラミック治療の例




セラミックインレー

キレイで安心なセラミック
少し大きな虫歯は、虫歯の部分を削り、型にとって鋳造した「インレー」をはめ込んで治します。インレーの材料はいろいろありますが、見た目の自然さ、美しさではセラミックス(陶材)が一番です。
セラミックスは、色調や透明感を天然歯そっくりに加工できるので、元の歯と違和感なく作ることができます。まるで治療をしたとわからないほどナチュラルです。
また、セラミックスは金属ではありませんので、金属アレルギーの方でも安心です。
セラミックインレーの治療の流れ

セラミッククラウン

審美的な被せ物
誰でも、目立つ前歯の治療には、できるだけ天然の歯に近いものを望まれると思います。そんな方にお勧めしたいのが「メタルボンド」です。この治療法は天然歯そっくりの色調に作ることができるため、ほとんど自分の歯と区別がつきません。
前歯のちりょうでギラギラの金属の被せ物でイヤだなとお感じの方は、是非一度お考えください。

金属の上にセラミックを焼き付ける
歯が折れた時や大きな虫歯の治療は、悪い部分を取った後に人工の歯冠をかぶせます。メタルボンドは、悪い部分を削ったうえに(削る部分が大きい時は金属の土台を立てて)金属(メタル)をかぶせその上にセラミックス(陶材)を2重に焼き付けます。人工歯は、自由に色や形を調整できますので、自然の自分の歯そっくりに仕上げることができます

オールセラミッククラウン

金属をまったく使わない
歯に被せ物をする場合、歯茎との境目に黒い線が見えるかどうかで審美性に大きな影響を与えます。オールセラミッククラウンの場合、金属をまったく使わないで被せることができる種類もあります。この場合、多少歯茎がやせてきても、黒く見えないので自然さが続きます。また、素材がセラミック(ガラス、瀬戸物に近い陶材)なので、前歯でも奥歯でも白いものが被せられます。また、セラミックスのみで作るため、治療や技工が難しく、メタルボンドクラウンより高価になります。

変色しない
たとえば、プラスチックの食器が使っている間に次第に色あせ、表面もキズついていくのと違い、瀬戸物の食器は白さ、滑沢さ、清潔さが長期間続きます。
人工歯も同じで、レジン(プラスチック)が変色しやすく、吸水性があるので、不潔になりやすいのに対し、セラミックスの場合、白さ、滑沢さ、清潔さが長期間続きますので、美しさのみならず衛生面でも優れています。吸水性がなく、表面に細かなキズがつかないためです。

収縮なく寿命は半永久的
・笑った時、歯茎が見える人
・白い状態を長持ちさせたい人
・被せ物の清潔を保ち、口臭、歯周病を避けたい人
・金属アレルギーがあり、金属の被せ物を入れると症状がでる方。
このようなご希望をお持ちの方にはオールセラミッククラウンをおすすめします。

オールセラミック治療は保険適応外で自由診療となります。

ポーセレンラミネートベニア

「白い歯」は誰もがあこがれるものです。ところが、先天的に、あるいは薬などの影響で後天的に、いくら歯磨きをしても白くならない悩みをもっている方が少なくありません。
そんな方には、歯の表面を薄く削り、ポーセレン(セラミック)製の薄片を張り合わせる『ポーセレンラミネートベニア法』をお勧めします。

ポーセレンラミネートベニアの特徴
●天然歯に近い色合いに仕上げることができるので、天然歯との調和が取れ、見た目が自然です。
●歯の切削が少ないので、治療期間が短く、痛みも無く安全です。
●歯に強く接着するため丈夫です。しかも磨耗しにくく半永久的です。

Shiromoto Dental Clinicビルダークリニック

〒811-0204
福岡市東区奈多3-3-37
TEL/FAX 092-607-7554